胸郭出口症候群-ストレッチ方法をご紹介。継続的なストレッチが大切!

「腕をあげるのが辛い。」

「字を書くことすら大変。」

「なんだか手がチクチクとする。」

そんな症状がある方、もしかしたら“胸郭出口症候群”が原因になっている可能性があります。

みなさんの中には、すでにお医者さんに診断してもらっている方もいらっしゃるかもしれませんね。

私も長い間辛い症状に悩まされ我慢の限界が来ましたので、腕の良いお医者さんに第一肋骨と斜角筋の切除を両側してもらいました!

でもやっぱり手術しただけでは症状は治まらず、その後も継続的にストレッチを行うことで徐々に症状を改善することができました。

そこで本サイトでは「胸郭出口症候群の症状に悩まされている方の役に立てば」と思い、私が実際に行ってみて効果を感じた“胸郭出口症候群のストレッチ方法”についてまとめてみました!

胸郭出口症候群とは

「胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)」について、あまり聞きなれない方も多いのではないでしょうか?

この症状を改善するためには、まず胸郭出口症候群の詳しい症状について理解しておくことが大切です。

胸郭出口症候群の症状

胸郭出口症候群は、電車のつり革につかまっているとき、ドライヤーで髪を乾かしているときのように腕を上げる動作とることで腕の痺れや背中の痛みを感じることがあります。

また、手の小指側に沿ってうずくような違和感やチクチクとした感覚障害がある場合にも疑われます。

私は特に背中の痛みが強、ゆっくりと寝られない毎日を過ごしてきました。とっても辛いですよね。

主に、握力の低下や細かい作業がしづらくなる、さらには血行不良により手が白くなるなどの症状が見受けられます。

胸郭出口症候群の原因

胸郭出口症候群は主に、上肢や肩甲帯の運動や感覚を支配する“腕神経叢”が筋肉によって圧迫されることで症状が出ます。

その他にも、第一肋骨鎖骨の間に血管や神経が挟まれてしまうことで症状が現れます。

その絞扼されている部位によって、斜角筋症候群、肋鎖症候群、小胸筋症候群と名称が変わりますが、これらの全てを総称して「胸郭出口症候群」と呼ばれます。

胸郭出口症候群の治療について

なで肩の女性や筋肉質の男性に発症しやすいと呼ばれている胸郭出口症候群。

比較的軽度な症状の方は、できるだけ重いものを持ち上げる動作やリュックサックを背負うような動作を避けることで予防することができます。

また、僧帽筋や肩甲挙筋を強化する運動を行い肩甲帯を安定させたり、消炎鎮痛剤や血流改善剤、ビタミンB1などの投与を行ったりする事で軽い症状は緩和することもあるでしょう。

しかし、どうしても症状が改善できない場合には、外科的手術が行われる場合もあります。

胸郭出口症候群のストレッチ方法をご紹介

みなさん、胸郭出口症候群について理解していただけたでしょうか?

実際に私も長い間、胸郭出口症候群に悩まされてきました。デスクワークだって力仕事だって、結局のところは症状を誤魔化しながら行うしかないんですよね。とても辛いの、よくわかります・・・。

ただ、私がこれまでに行ってきた様々な対策の中で、「これは胸郭出口症候群の症状緩和に繋がるのでは??」と思われるものがいくつかありましたので、ご紹介していきたいと思います。

キャット&ドッグ

キャット&ドッグというちょっと変わった名前のストレッチ方法ですが、これが胸郭出口のストレッチに一番有効なのではないか!と感じましたね。肩甲骨の可動域が一時的にでも広がってくれるので、肩こりや首こりの症状がとても楽になります。

意識すべき筋肉の名前は「前鋸筋」です。特に、背中を丸めたときによく動きます。

斜角筋ストレッチ

斜角筋とは前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋の総称で、首の側面を走行しています。

主に首を屈曲するときや側屈するときに作用するほか、第一肋骨・第二肋骨を引き上げる際に働きます。

この筋肉を弛緩させてあげることによって手の痺れや倦怠感を予防・改善する効果が期待できますので、ぜひ積極的にストレッチしてあげましょう。

それでは斜角筋ストレッチの方法についてポイントを押さえながら解説していきます。

  1. まずは緩めたい側の斜角筋を、反対側の手でゆっくり下から上に向かってマッサージしていきましょう。
  2. 次は徐々に伸ばしていくのですが、ただ単に首を倒すだけではいけません。斜角筋に引っ張られて肩が上がりがちになってしまいますので、反対側の手で肩を抑えながらゆっくりと首を斜め後方に倒していきます。急に伸ばすとますます首を痛める原因になってしまいますので、できるだけゆっくり行ってくださいね。
  3. 同じように反対側も行います。このストレッチは横になりながらでも行えますので、お風呂あがりの寝る前などにぜひ試してみてくださいね。

小胸筋ストレッチ

胸郭出口症候群とは何ら関係が無いように感じる小胸筋ですが、実はかなり深い関わり合いがあるんです。

首のやや下にある小胸筋ですが、普段から血管や神経が入り乱れていますので、緊張すると腕の痺れやだるさが発生してしまいます。

小胸筋のストレッチ方法はいたって簡単で、上記に載せた動画のように壁を使って腕を伸ばすだけで柔らかくすることができます。

この小胸筋は長時間のデスクワークで凝り固まることが多いですので、気が付いたときにできるだけたくさん伸ばしてあげるようにしましょう。

まとめ

これだけやれば、かなり胸郭出口症候群の症状が緩和されるのではないでしょうか?ストレッチのコツは「息を止めずにゆっくりと行うこと」です!!

上記でご紹介した3つのストレッチは、誰にでも簡単に行えるもののみをご紹介してきました。

毎日継続して行うことで徐々に効果があらわれてくるはずですので、毎日辛い症状に悩んでいる方はぜひ1度お試ししてみてはいかがでしょうか??