胸郭出口症候群の診断テストをご紹介。自己診断はできるのか??

普段から手の痺れや背中の痛みを抱えている方。

もしかしたら「胸郭出口症候群」が原因になっている可能性があります。

最近では「胸郭出口症候群」というワードを目にするようになりましたが、それでもまだマイナーな病名ですよね。みなさんの中には、「自分は胸郭出口症候群なのでは??」と思っている方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、自宅で簡単に行える胸郭出口症候群の診断テストについて、みなさんにわかりやすいよう詳しく解説していきたいと思います。

ただしこれはあくまでも確定診断できるものではありませんので、症状が疑われる方はしっかりと専門医の診断を受けるようにしてくださいね!

胸郭出口症候群とは??

まずは胸郭出口症候群というものを知っていただくために、基本的な情報についておさらいしていきたいと思います。

胸郭出口症候群

胸郭出口症候群とはなで肩の女性や筋肉質の男性に多くみられる症状で、上肢や肩、背中などに関わる神経が障害を受けることで発症します。

主な症状は肩・腕・手の痺れや痛みで、動かしにくさや肩こりなどから自覚するようになります。

発症には日常生活で行っている動作が関わっている場合も多く、悪化しない生活スタイルや正しい姿勢を意識することが大切だと言われています。

自宅で簡単に行える胸郭出口症候群の診断テスト

胸郭出口症候群の診断テストには主に以下の4つのものがあります。

  • ライトテスト
  • アドソンテスト
  • エデンテスト
  • モーレイテスト

いずれの診断テストも、神経や血管が圧迫されやすい状況を意図的に作り出すことによって症状を誘発し、胸郭出口症候群であるかどうかを確かめます。ここでは各診断テストの概要について詳しく見ていきましょう。

ライトテスト

ライトテストは両腕を上げ、外転90度、外旋90度、肘を90度屈曲させた状態で「橈骨動脈」の脈拍を測ります。

もしこの姿勢で脈拍が弱くなる、または消失する場合にはライトテスト陽性で胸郭出口症候群が疑われます。

アドソンテスト

まずは痛みや痺れが出ている腕の方向に頭を回転させます。次に顎を上げて深呼吸を行い、橈骨動脈の脈拍を測ります。

その際に脈拍が弱くなる、または消失した場合にはアドソンテスト陽性です。

エデンテスト

エデンテストではまず大きく胸を張ります。次に他の人に両腕を後ろへ引っ張ってもらい、橈骨動脈の脈拍を測ります。

その際に橈骨動脈の脈拍が弱くなる、または消失した場合にはエデンテスト陽性と判断されます。

モーレイテスト

モーレイテストは、痛み・痺れのある腕側の鎖骨上窩で「腕神経叢」を意図的に圧迫することで症状を確かめます。鎖骨上窩とは、鎖骨の上の窪んでいるところを指します。

この鎖骨上窩を指圧し、腕や背中に放散痛が生じた場合には胸郭出口症候群が疑われます。

まとめ

今回は、胸郭出口症候群の診断テストの方法についてご紹介してきました。

私自身実際に胸郭出口症候群を患ってきてわかったことは、自分で診断するのはかなり難しいという事です。

これまで説明したことを見てもわかる通り、胸郭出口症候群のテストはかなり技術が必要になりますし、なにより陽性の反応が出た場合にはきちんと医師の治療が必要になります。

自分自身で診断テストを行うことは必ずしも無駄なことであるとは言いませんが、症状が思わしくない方はしっかりとお医者さんに相談するようにしましょう。

胸郭出口症候群は、治療の開始が遅れれば遅れるほど完治が難しくなります。

「通院する時間がない。」「病院に行くのが面倒くさい」など人それぞれ事情はあると思いますが、いち早く症状を改善していくためにもできるだけ早めに診てもらうことをオススメいたしますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20歳で右胸郭出口症候群を発症。右第一肋骨と斜角筋切除術手を受ける。 23歳で左胸郭出口症候群も発症し同手術を受ける。 現在まだ完治はしていないがストレッチにより、ほとんど気にならない程度まで回復。 私の今までの経験したことを同じ悩みを抱えている方に伝えられればと思いサイトを開設しました。 焦らずゆっくりと治していくことが大切です。